大昌建設株式会社 採用サイト

SERVICES

–  事業紹介 –

旅するように 日本を巡る

山も、崖も、どんな高所も。

当社が設計・開発し、特許を取得したオリジナルの重機を使用して、
全国各地の高所法面掘削を行なっています。

数々の高い評価を受けた重機は、
遠隔操作により危険な場所での作業も安全で迅速に行うことができます。

重機・工法のご紹介

25
高所法面の無足場法面削孔工法

アンカーロックマシーン(ARM)による無足場削孔工法

無足場削孔機(ARMシリーズ)と、斜面上部の推定崩落線上より奥に設置されたアンカーをワイヤーロープで確実に固定して、法面の任意の位置で削孔を行ないます。
高所法面、急斜面、ダム工事現場などにおいて、足場を組み立てることなく削孔作業を安全かつ効率的に行なうことができます。
仮設足場の組立て・撤去の作業がなくなりますので、大幅な工期短縮と省力化を実現できます。

jiki1

高所法面掘削工法

ロッククライミングマシーン RCM01型・03型・06型・12型による掘削工法 高所法面の切取り・切崩し・掘削、整形、抜根、既設モルタル取り壊し、コンクリート法枠ブロック取り壊し等の作業を行ないます。 斜面上部の推定崩落線上より奥に、十分な強度を持ったアンカーを設置し、そのアンカーと高所法面掘削機をワイヤーロープで確実に固定した組み合わせで行ないます。 

従来の掘削機による危険度の高い高所作業や人力による作業を、本機により迅速かつ安全に施工できます。 転石や崩壊など、特に災害のおそれのある現場では、ラジコンによる遠隔操作で作業を行なうため安全に施工できます。

jiki2

高所法面岩盤掘削工法

ロッククライミングマシーン(RCM)10型による岩盤掘削工法高所法面の切取り・切崩し・掘削、整形、抜根、既設モルタル取り壊し、コンクリート法枠ブロック取り壊し等の作業を行ないます。斜面上部の推定崩落線上より奥に、十分な強度を持ったアンカーを設置し、そのアンカーと高所法面掘削機をワイヤーロープで確実に固定した組み合わせで行ないます。

従来の掘削機による危険度の高い高所作業や人力による作業を、本機により迅速かつ安全に施工できます。転石や崩壊など、特に災害のおそれのある現場では、ラジコンによる遠隔操作で作業を行なうため安全に施工できます。

jiki4

高所切取・切崩

テレスコブームマシーン(TBM)による高所切取・切崩 土木工事において高所の切取り、切崩し、抜根、既設モルタルの剥離、コンクリート吹付けの剥離などの作業を、当社開発の重機を使用して施工します。 この重機は、従来のバックホウのブームを伸縮可能なブームに取り替えて、その先端にバケットを取り付けたものです。

ブームの伸縮とバケットの回動により、従来の工法では届かなかった高所の土砂をかき落とすことができます。 またアタッチメントのブレーカーを取り付けることにより、既設モルタルの剥離、コンクリート吹付けの剥離、法枠の取り壊し、軟岩の掘削を行なうこともできます。

jiki5

壁面切削

ロッククライミングマシーンによるコンクリート壁面切削 高所法面掘削のために当社が独自開発したロッククライミングマシーン(RCM)に、アタッチメントとしてコンクリート壁面切削機を取り付けて施工します。 ダム堤体部のコンクリート斜面を登坂し、表面を 20~30 cm 程度、効率的にはつることができます。 

トンネル内壁面の場合は、増設回路のあるバックホウに当切削機をアタッチメントとして取り付けることにより、トンネル補修工事のはつりを行なうこともできます。 油圧式なので埃や騒音の発生を抑えることができます。

作業動画のご紹介

安全な作業のために、支柱となる木や岩などの強度チェックや圧をかけて耐久検査を行なっています。

高所など危険な作業の場所が多いので、特に安全管理には細心の注意を払い作業しております。

強度検査・耐久テスト

高所作業

掘削作業など

その他の重機や詳しい紹介は下記ページから!
動画や工事事例もご覧いただけます。
(会社サイトが別窓で開きます。)